健診を代行させるメリットとは何か説明します

生活習慣病を予防するために、国や自治体が国民に対して健康診断を受けるようにと注意喚起することが増えています。その一環の特定健診は2008年度から始まったことで、今では企業や個人においても広く普及をしています。これは市町村や自治体の国民健康保険組合や健保組合によって実施されていて、国民の健康を維持させる目的で告知もされているので、ご存知の方知の方も多いはずです。特定健診では脳梗塞、心筋梗塞などへの危険が高くなるといわれるメタボリックシンドロームに着目をしていて、メタボ健診という名前で知られているものです。血糖、脂質、血圧や腹囲の診断での結果に基づき、受診者が健康を害する可能性が高いと判断されますと医療機関による指導が入ります。多くは食事制限や運動をなどの指導を通して特定保健の指導を行います。そしてこれらを円滑にするために代行をする業者も近年では増えています。

特定検診を受ける業務の代行をする業者を活用する

国が定めたことから、専門の医療機関で従業員が特定健診を受けるための企業が今までしていた業務を代行してくれる業者が近年では増えています。この代行サービスというのは、多くの従業員がいる企業に義務付けられている、スムーズな受診のための手続きを企業に代わって業者がしてくれますので、本来の業務に人材を割きたい企業にとってもメリットが大きいサービスです。ですから企業に導入される需要も伸びているために、このような代行業者というのは、ネットなどで検索してみると多くが存在しています。雇用者を多く抱える企業では、すべての従業員の健康状態に気を配ったり、診断結果に対応したりすることはなかなか人的にも時間的にも困難なことです。従業員に受診を促して、最後までサポートをしてくれるメリットがあることは、企業にとっては魅力なのです。

検診をスムーズに受けるための代行利用はメリットが多い

企業にとって本来の業務ではない時間や人員を、社員の健康維持のために義務化されている健診を受けさせる業務に割かなければいけないのは、業績に関わる負担となることもあります。ましてや医療機関のような専門性が無いことから、社員の手続き関係に丁寧に対応していくことができませんでした。けれども健診の代行サービスを利用すれば、その点でも一気に解消できるというメリットがあります。会社の人数や必要とする検診内容に応じて費用も違ってきますが、受診をするにあたっての業務手続きや提携している医療機関との連絡、診断結果に合わせて必要となるその後のフォローなども手厚くすることができます。企業にとっても社員にとっても、健康維持を目指すためのサポート役としては、大変心強いサービスだと言えます。

従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 健診・保健指導実施率の向上をサポートします。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 従業員・組合員の健康リテラシー向上、健康経営や働き方改革推進につながる各種ご提案が可能です。 健診の代行をご検討ならウェルネス・コミュニケーションズまで