どうして健診を代行させる企業が増えているのか解説します

企業へ勤めている会社員は、年一回の健康診断を受けることが義務付けられています。これは、社員が心身ともに健康的な環境で働く為の企業に対し定められており、個人事業主の方、社員の配偶者など家族も健診を受けることが可能です。長時間の労働や精神的負担からくる体の不調が度々問題となってニュースになることもある昨今、社員に起こっている体の不調を早いうちに見つけて改善していくことは、結果的に円滑に業務を進めることに繋がりますから、大きな課題となっています。そこで、きちんと全員が健診を受けることは大前提ですが、結果を踏まえ、必要な病院の受診や生活習慣の改善など、その後の管理も重要となります。そのような業務は時に企業にとって負担となりますので、近年は代行を依頼することが増えているのです。

健診の代行サービスを活用したい理由とは

ご紹介したように重要な意味を持つ健診ですが、それを実施する為に必要な業務は多くあり、社員の受診確認、結果の管理や様々な申請書類の提出といった一連の作業は、大切であるとはいえ時間や知識が必要なものですし、そのことで本来の業務が停滞し長時間の残業を要する社員が出てしまっては困ってしまうでしょう。そこで、健診に関わる一切の業務を請け負ってくれる代行サービスを利用する企業が多くなっているのです。代行を依頼することで、関連する業務を社内で行う必要がなくなります。また、専門に行っていることから提携している病院とのやり取りや書類の作成、結果を踏まえての指導に至るまで、安心して全てを任せることが出来るのも、代行の大きなメリットの一つになっており利用する企業が増加しているのです。

代行サービスは受診率を上げる為にも有効

もし代行サービスを利用せずに健診を受診しようとすると、社員自身、もしくは担当者が病院を探し日程を調整して予約を入れ、それから受診することになります。しかし、その手順がなかなか進まず、健診を受けない社員が出てくることも少なくありません。受けるべき人が受診するように、また、受診しやすいようにするのも代行サービスの利点です。代行の会社によって多少の差はありますが、病院を探すにしても提携している病院の中から行きやすいところを選べば良いですし、専用サイトから予約や時間の変更が簡単に行えるケースもあり、時間の調整にも便利です。管理者側から見ても未受診の人が分かりやすく、受診するよう促すメールを送れます。このように、代行を利用すれば業務の軽減だけではなく、受診率を上げる為にも有効です。