健診を代行してくれる業者の探し方を説明します

健診代行サービスとは一体なにかと思われる方も多いです。健診代行サービス、事業主、健康保険組合、共済組合の方向けに健康診断の業務全般を通常病院で受けたデーター入力を病院がするのではなく代行サービスが請け負い、一括して代行して行ってくれるサービスです。病院での健康診断ができない地域、健診に必要な機関がない地方などでも行えるように低コストで受診ができるように手配をしてくれたり、受診後のデーターを分析などして健康増進施策にもサポートする業者のことです。代行サービスを依頼する場合はネット上で検索をすると代行サービスをしている業者のホームページが出てきます。どこの業者がどんな事までしてくれるのか、価格、可能な地方地域などの情報も記載されているので、いくつかホームページを見て問い合わせるといいでしょう。

健診代行サービスの特徴、魅力とは

勤務先で定期的に健康診断を受けることが定められており、その健診を受ける手配を保険組合などに指定された医療機関へ行き健診を受ける手配や、一定の年齢を超える方はがん検診や他の健診なども含まれてきてその手配に手間がかかってしまいます。その保険組合が行っている業務、手配を代行してくれるのが健診代行サービスです。健診を受けた時のデーター入力・作成・一括管理、健診する医療機関との日程の調整や健診に必要な場所、スタッフの手配。未受診の方向けに督促するなど様々な業務を代行してくれます。利用する際今までは電話での問い合わせが多かったですが、webでもサービス利用の予約や利用する費用の見積もできる業者がでており、他にも予約利用状況や受診状況をwebで確認することもでき要望に応じて対応していただけることが出来ます。

健診代行サービスを導入するメリット

通常の業務内で健診の手配を行う企業者は少なくありません。人手不足や人件費の問題で、受診の手配やキャンセル、日程の調整までの手が回らないなど、健診を受診するまでの手配までが大きな負担となっています。健診代行サービス導入することにより、手配や日程調整の業務負担を解消、軽減できるのが健診代行導入のメリットです。事務作業負担の軽減や利用している医療機関の他にも利用可能な医療機関の情報提供。健診を受けるはずが未受診のままの方へ健診を行うように連絡を行う業務、二次健診・保険指導などの事務手続きなど事務的負担にもなります。事務的サポートはもちろん、他にも配偶者の健康診断のサポートや健康状態のサポート、特殊健診の手配代行など導入することによって負担を軽減させてくれるのが健診代行サービスです。